ファイル形式やファイル拡張子について

fileinfo
皆さんはExcelなどのoffice系ソフトを使っているとき、「ファイル形式またはファイル拡張子が正しくありません。」や「開こうとしているファイルの形式はファイル拡張子が示す形式と異なります」というエラーに遭遇したことはありますか?

これは開こうとしたファイル形式がアプリケーションに対応していなかったり、アプリケーションが求めているファイル形式ではなかったりしたときに出るエラーのようです。
この記事では、ファイルの形式、拡張子とは何ぞや?というところからスタートして、拡張子の有名どころを紹介していきます。

まずファイルには、映像や音楽といったデータの他に、多くの場合そのアプリケーション独自の編集情報(文字サイズやレイアウトなど)が含まれています。
このようなファイルは独自フォーマットのファイルと呼ばれ、基本的に他のアプリケーションでは使用できません。
しかし多くのアプリケーションで共通して使えるファイルも多数存在し、それらは「共通フォーマット」のファイルと呼ばれます。
拡張子とは、これらのファイルの.以降にある数文字のアルファベットのことを指し、これによってファイル形式を見分けられるというものです。
拡張子もアプリケーション固有のものと共通のものがそれぞれ存在しています。
以下では、主に使用されている共通フォーマットのファイル形式とその解説をしていきます。

文字用のファイル形式

  • .TXT(テキスト)ファイル
    文字データのみで構成されたファイル形式です。
    特徴:文字を扱うアプリケーションソフトなら、まず間違いなく読み込むことができる。
  • .CSV(シーエスブイ)ファイル
    基本的にはテキストファイルですが、カンマ(,)や改行で文字や数字を区切ることで、表形式のデータを保存するのに特化したファイル形式です。
  • .PDF(ピーディーエフ)ファイル
    現在、インターネット上での文書配布時における標準的なファイル形式です。
    特徴:画像やリンクが埋め込まれた文書を、OSやコンピュータの種類によらず元の通りに表現できる。

画像用のファイル形式

  • .BMP(ビットマップ)ファイル
    画像を圧縮せずに元のまま保存する形式です。
    特徴:画質が一切劣化しない。
    ファイルサイズは大きくなる。
  • .JPEG(ジェーペグ)ファイル
    写真を保存するのに適した圧縮形式です。
    特徴:圧縮率が高い。
    フルカラーの画像を扱える。
    不可逆圧縮で保存するため、圧縮のレベルに応じて画質が落ちる。
  • .GIF(ジフ)ファイル
    イラストやアイコンなどの保存に適した圧縮形式です。
    特徴:可逆圧縮で保存するため画質の劣化がない。
    扱える色の数が256色までである。
  • .PNG(ピング)ファイル
    .GIFファイルの代わりとして登場したファイル形式です。
    特徴:フルカラーの画像を扱える。
    可逆圧縮を行うため画質の劣化がない。

音声用のファイル形式

  • .MP3(エムピースリー)ファイル
    人間には聞き取れない音域を削って容量を削減した、現在主流の圧縮形式です。
    特徴:不可逆圧縮を行うため、本来の音質を再現できない。
    音楽CD並みの音質を表現できるとされている。
  • .WAV(ウェブ、ウェーブ)ファイル
    主にWindowsで用いられている、CD用のファイル形式です。
    特徴:非圧縮形式で保存するため、音質の劣化がない。
    上記の理由により、ファイルのサイズは大きくなりがち。
  • .MIDI(ミディ)ファイル
    デジタル楽器の演奏データを保存できるファイル形式です。
    特徴:MIDIデータを使って、デジタル楽器を演奏させられる。

※文章中にあった不可逆圧縮というのは、ファイルを圧縮するときに元々のデータを間引く形で圧縮して、元のデータに戻せなくなる圧縮方法のことで、可逆圧縮はその逆です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。